You are currently viewing 70年代の若者が選んだ特別な街、HARAJUKU。ボブ・ディランを着る研ナオコ、カスタムバイクに乗る舘ひろし..

70年代の若者が選んだ特別な街、HARAJUKU。ボブ・ディランを着る研ナオコ、カスタムバイクに乗る舘ひろし..

#70年代の原宿 #発信地

#ストリートスナップ

#大御所 #ティーンエイジャー

「原宿」って学生の頃からオトナになった今でも、なんか好き。

若者〜オトナまで、”カルチャーの発信地”として愛され続けるHARAJUKU。

最近の原宿といえば?2020年3月木造駅舎が新しくリニューアル!駅前に@cosme TOKYOができたりUNIQLOができたり、表参道にはついにあのエルメスが君臨したりと、変わらず発展を続けてる。そんな世界的にも注目される日本の街「原宿」っていつからカルチャーの発信地となったの?そのルーツは1970年代までさかのぼる。

「出会うことが、青春」70年代の若者たちが感じた新しい時代の訪れ。

70年代といえば、”人類の進歩と調和”でおなじみの大阪万博開催、ヒッピー文化の誕生、マクドナルド第一号店が銀座にOPENしたり、家電製品の開発が盛んとなった”まさに勢いのある時代”である。その頃、日本の若者はなにを感じ、どのように過ごしたのか?当時の若者のようすをおさめた写真集があるのを知っていますか?

日本のスタイリスト第1号・高橋靖子と日本初の世界的スーパーモデル・山口小夜子
出典:(染吾郎撮影)― 写真集「70’HARAJUKU」

今では”大御所”と呼ばれる写真家たちが学生やアシスタントだったその頃、仲間や風景をエネルギッシュに写し出した。

「70’s HARAJUKU」| 中村のん | 小学館

70年代、スタイリストの草分け的存在であった高橋靖子氏。その彼女に弟子入りした中村のん氏が、この写真集の著者である。”70年代原宿の洗練された自由な雰囲気を今に伝えたい”という思いから、周りの写真家たちに声をかけて70’sのストリートスナップが集まった。9名の写真家から届いたスナップには、今では大御所となった人たちの飾らない姿や、懐かしい街の風景、当時の風俗などが鮮明に写し出されている。

【参加カメラマン】横木安良夫、達川清、マイク・野上、広川泰士、石川武志、ハービー山口、井出情児、染吾郎、ガリバー(順不同)

中でもお気に入りの数枚をPICK UP!※TOPに使用させていただいた”ボブ・ディランを着る研ナオコ氏”はいうまでもない。。

表参道 Omotesando
出典:Alao Yokogi― 写真集「70’HARAJUKU」
日本で最初にバービー人形を販売した「キディランド」
出典:Alao Yokogi― 写真集「70’HARAJUKU」
原宿の表玄関「レオン」周辺
出典:Alao Yokogi― 写真集「70’HARAJUKU」
原宿の表玄関「レオン」周辺
出典:Mike Nogami― 写真集「70’HARAJUKU」
舘ひろし 「レオン前」
出典:Goro Some― 写真集「70’HARAJUKU」
ファッションモデルの山佳泰子とジョエン・ガレッキ
出典:Goro Some― 写真集「70’HARAJUKU」
松本隆 細野晴臣 大瀧詠一 鈴木茂(はっぴいえんど)渋谷西武屋上にて。
出典:Mike Nogami― 写真集「70’HARAJUKU」
MILK前
モデルの鹿間ケイとCOOLSのジェームス藤木
教会前の高橋靖子
レオン前
出典:Goro Some― 写真集「70’HARAJUKU」

とてつもなくグルーヴィーで洒落ている。。

当時を知らない私でも「この立地はあそこだ!」「このお店こんな古くからあるんだ..」不思議と共感できて楽しい。今と昔、共通していえることは”パワーのある若者が自然と集まる街である”ということ。オトナになってもまた、そのときを懐かしんで、足を運びたくなる。いろんな人の「夢」が集まる素敵な街なのだと思う。

TOPバナー 出典:写真集「70’HARAJUKU」

NiGHTiNGAlE Official Instagram

1件のコメントがあります

  1. わかなのお母さん

    やっぱり昭和ってサイコーね😙
    忘れちゃいけないのが樹木 希林と内田裕也ね、結婚式デニム着たんだから。しかも立会人ジュリーだし😙

コメントを残す